wishは詐欺?偽物? やたら安く買えるので、検証してみた

8月 24, 2020コラム

以前作成したスタンディングデスク。作業環境として、13インチ程度のモニタを追加したくなったため、ネットで見積もってみました。

そこでGoogle先生で「モニタ 13インチ ポータブル」で検索してみると…

なんか妙に安いやつが出てきました(一番右端も安かったですが、10インチでした…)。

しかし、販売元は「Wish」という聞いたことのないところ。しかも、調べてみると、ちょっと怪しげです。

そんなわけで、今回は詐欺・トラブル覚悟で、妙に安いポータブルモニターを購入してみましたので、その結果をまとめたいと思います。

wishは詐欺か?検証のまとめ

  • 企業としては、それほど怪しくない
  • 癖が多いので、注意点を考慮した利用が必要
  • 今回の利用では、詐欺ではなかった(むしろ良かった)
  • トラブルは出品者にもよる。Amazonも安全というわけではない

Wishは怪しい?詐欺?偽物なんじゃないか?

異常な安さは詐欺なんじゃないか?

まず、気になるのはWishの商品が異常に安いところ。

簡単に比較すると

  • Amazonで「13.3インチ ポータブルモニタ」で検索すると、価格は安くて13,000円程度
  • Yahooで「13.3インチ ポータブルモニタ」で検索すると、価格は安くて13,000円程度
  • Yahooで「13.3インチ ポータブルモニタ」で検索すると、価格は安くて15,000円程度
  • Eyoyoの13.3インチモニターは、Amazonで15,000円、Yahooで17,000円

つまり、同等商品で25%、全く同じ商品なら35%程、Wishの方が安いことになります。

これだけ価格の差があると、「お買い得!」というよりは「怪しい…」という感情を持たざるを得ないです。

そこで、まずはWishについて調査してみました。

そもそもWishとは?

Wishとは2010年にGoogleとYahooの元開発者に創立された企業で、低価格商品を中心としたECサイトを運営しています。このWishの通販アプリが、2017年のアメリカで一番ダウンロードされたアプリになったそうです

いわゆるAmazonとの違いは、低価格商品に特化していること。とにかく「低下価格」に集中するという戦略によって、Amazonと差別化しているようです。

そのためか、出品されている商品の多くが激安の中国企業のもの。Amazonのように欲しいものがなんでも見つかるわけではありません。

Wishに関するネット上の口コミは?

ネット上の意見を要約してみると、だいたい以下のような感じです。

  • 無料・タダ同然の商品は、買ってもほぼ確実にキャンセルされる
  • 極端に安い商品は、中身がないことがある
  • 注文から届くまでが異様に長い
  • 送料も考慮すると、それほど安くないこともある
  • クレジットカードは登録しない方が安心

ようするに「安いのは事実だが、かなり利用に注意が必要」なECサイトであることがわかります。

Wish利用上の注意点

無料・タダ同然の商品は送料が高いか、ほぼキャンセルされる

Wishでは、無料やタダ同然の商品が出品されています。

Wishで無料で出品されている商品例

…ですが、「無料」や「タダ同然」の商品は、送料が高いかほぼキャンセルされるようです。

つまり、「詐欺ではないけど、実は安くない or 買えない」みたいです。

ちなみに、ほぼキャンセルされる無料の商品が置かれているのは、宣伝のためと考えられます。抽選で数人に配るだけで多くの人に商品を知ってもらえるのであれば、確かにコスパの良い宣伝方法かもしれません。

極端に安い商品は、中身が空の可能性がある

また、無料とはいえないまでも、激安すぎる商品はとくに要注意です。

例えば、こんなポータブルHDDがあります。

Wishで出品されている激安のポータブルHDD

なんと8TBが1,292円です!

しかし、商品の説明を見てるとご覧の通り。

「Hard Disk IS NOT INCLUDED.」つまり、「ハードディスクは含まれていません」。

しかし、商品の写真を見る限りでは、ケースであることがわかりません。このように、ケースがある商品については「ケースのみで中身がないにもかかわらず、写真だけ見ると中身もあるように誤解する」ということがあるので、要注意。

また、商品の説明が英語というのも厄介なところ。英語が苦手な人は、翻訳機能が必須でしょう。

注文から届くまでが異様に長い

全てではありませんが、注文から届くまでが異様に長いというWishの口コミも多いです。

購入するのであれば、到着までの目安は1カ月にした方がいいという意見もあります急ぎで必要な物を注文することは避けた方がいいでしょう。

海外(主に中国)からの発送ということも影響しているかと思いますが、もしかしたら安く販売するために、在庫なしで出品している(いわゆる無在庫販売)業者もあるかもしれません。このような業者は、Amazonやメルカリなどでも問題になっています。

送料も考慮すると、それほど安くないこともある

実は、送料も考慮するとそれほど安くないとの口コミもありました。

商品にもよりますが、確かに1,000円以上は送料が取られやすい印象です。総合的に見れば、Amazonとほぼ差がない価格になっている可能性もあるので、その点も注意が必要です。

ちなみに、上記のサイトでは同様な海外通販のサイトならAliExpressをおしています。Wishで購入する際は、どちらが安いか比較した方がより節約ができるかとおみます。

クレジットカードは登録しない方が安心

最後に、Wishに限った話ではありませんが、あまり信頼できないECサイトでは、クレジットカードは登録しない方がいいでしょう。

Wishを利用するのであれば、クレジットカードの他にPayPalの他、バンドルカード(アプリで作れるVisaプリペイドカード)での支払いが可能です。心配な人はクレジットカードを登録しない方法で利用した方がいいでしょう。

実際にWishを使ってみた

実際に口コミを検証した結果「しっかり調べて使えば、詐欺ではない(たぶん)」ので使ってみよう!と思いました。

…まあ、正直言えば「詐欺だったらネタにしてやる!」という歪んだ判断です。

そこで、最初に登場した「Eyoyo 13.3インチ ポータブルモニタ」を購入してみましたので、その内容についてまとめます

実際に購入した価格

まず価格。結果は以下の通りになりました。

Wishでモニタを購入した価格

購入が検索の時期からずれたため、若干商品の価格が上昇しました。

また、送料が想定通りでやや高め。結果として合計は約12,000円で、AmazonやYahooの同等の製品より、1,000円安いくらいです。

ただ、いくつか割引を利用できたため、総合で見ると10,391円。結果としては、同等商品より3,000円程安い(同じ商品より5,000円程安い)という結果となりました。

配送にはどの程度時間がかかったか?

次に配送時間。これは1カ月を覚悟しました。

が、結果は以下の通りです。

Wishの配送の流れ

見にくいですが、下から順に配送の流れとなっています。

注文が完了してから、注文処理が完了するまで約1日。更に配送が始まるまで1日程度経過しています。

また、発送はやはり中国からのようです。

配送の続きは、下の図です(また下から順の画像になります。最寄りの場所だけ黒塗りにしてます)。

Wishの配送の流れ2

ロジスティックサービスプロバイダからの発送(2020年6月5日)から、乗り継ぎハブに到着(2020年6月9日)するまでにややタイムラグがあります。

それ以外はほぼ毎日移動し、6月11日に到着(なぜか近所の営業所にChinaの表示がありますが…)。

結果は、注文から到着まで8日。金曜に注文すれば、翌週の休日には使えそうな配送時間になりました。

商品自体は詐欺ではないのか?

無事安く、そこそこの時間で到着したポータブルモニタ。むしろトラブルが無さすぎて拍子抜けしました

しかし、よくよく考えるとメーカーは「Eyoyo」という謎の中国ブランド。商品自体に問題があるかもしれません。

そんなわけで、届いた商品を検品してみました。

まず、梱包の状態がこちら。

到着した商品の梱包状態1

到着した商品の梱包状態2

到着した商品の梱包状態3

プチプチ付きのオレンジ色の袋の中に、更にエアクッションで包んだ状態で配送されてきました。

梱包の状態としては、問題はとくに見受けられません

更に、商品の箱を空けると、こんな感じ。

開封した商品の状態

異常が見受けられるどころか、むしろ日本語のマニュアルが入っていることに驚きました

Amazonの中華製の激安商品を買えば、マニュアルは英語と中国語が相場という経験があったため、マニュアルにわざわざ日本語を使っているあたりは、「むしろこれって当たり商品では?」という手応え。トラブルを期待した自分としては、ある意味残念状態です。しかもマニュアルを読んだら1年保証までついていました。

Eyoyoの日本語のマニュアル商品全体を並べると、下の画像の通りです。

モニタはもちろん、画像に表示されていた付属品は、全てついてきました(商品説明にもあったので、ついてなかったら詐欺だと思いますが…)。

Eyoyoのモニタと付属品を並べた図スタンドに立てた状態が下の画像。ちょっと頼りなさそうではありますが、手で押してみると、モニタを支えるには十分な耐久力がありそうです。ポータブルで利用することを考えると、このくらい簡易的なものの方が使いやすいかとは思います。

スタンドに立てたEyoyoのポータブルモニタそして、実際に利用した状態が下の画像。

Eyoyoのモニタを実際に使った状態

発色、反応も利用に問題なしです。これで、スタンディングデスクの作業もはかどります。

若干トラブルを期待していた自分としては、嬉しい誤算という結果となりました。

Wishは怪しいが、今回は詐欺ではなかった。出品者側の問題もありそう

Wishについては、「少なくとも今回の利用では詐欺ではなかった」という結果となりました。

そもそも「2020年に上場の可能性の高い米スタートアップ13社」にも取り上げられていたような企業ですので、企業自体に問題はないのかと思います。

ただし、Wish利用上の注意点でも記載したように、癖がありますので、利用時はその点に注意する必要があるでしょう。

また、ECサイトのトラブルは、ECサイト自体だけでなく、出品者側の問題も大きいです。

例えば、Amazonであっても詐欺の商品が出回っていることは有名です。新型コロナウイルスが流行り始めた頃、マスクの転売も問題になりましたが、案外Amazonの出品は簡単で、初期費用も手間もほとんど掛かりません(メルカリよりは面倒ですが)。

ですので、WishもAmazonも悪意のある業者が入り込む余地は十分にあります

ECサイトで商品を購入する際は、こういったリスクも踏まえて購入を選択するといいでしょう。

狒々山
狒々山
私としても「偽物の紛れやすいブランド品は正規の販売店で購入する」「安い商品は騙された場合も考慮して購入を判断する」など、リスクに応じた対応をとりたいと思います