プロジェクトマネージャ試験

情報処理技術者試験は中止になりました ― システム開発未経験からのプロジェクトマネージャ試験【記録4】

3月24日。IPAより2020年4月19日開催予定であった情報処理技術者試験の同日の試験実施について、中止発表がありました。

この記事では、試験中止についての考察と、私が勝手に考えた今後の方針についてまとめます。

本記事には、筆者の個人的な考察が多く含まれています。過去の試験などを考慮した上での考察ではありますが、実際には考察通りにならない可能性も十分ありますので、ご注意ください。

令和2年度春期情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験中止について

公式より引用いたします。

本年4月19日(日)に実施を予定していた、令和2年度春期情報処理技術者試験及び情報処理安全確保支援士試験につきましては、実施に向けて準備を進めてまいりましたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、同日の試験実施を取りやめることになりました。

~中略~

 なお、代替試験の実施につきましては、その可否も含め、現在検討中です。
受験手数料の返還等の詳細につきましては、決まり次第、このページで公表する予定です。

引用:令和2年度春期情報処理技術者試験・情報処理安全確保支援士試験の取りやめ(中止)について

要するに「一旦中止としますが、延期で別途実施する可能性あり。詳細は未定」という状況です。

また「同日の試験実施を取りやめる」ということから「クラスター感染を避けるために試験区分ごとに実施するのでは?」とも読み取れます。明確にそのような発言は今のところありませんが、新型コロナウイルスの影響が無くならない以上は、開催するなら集団の密度を下げる対策を打つのではと思います。

東日本大震災の時はどうだったか?

ちなみに、東日本大震災のときについて。詳細は、以下の記事に記載がありました。

平成23年特別試験の開催決定時期

東日本大震災の発生が3月11日。そして3月25日には発表していますので、2週間後には「平成23年度特別情報処理技術者試験」の開催を決定しています。

平成23年特別試験の実施日と開催方法

「ITパスポート試験」と「基本情報技術者試験」は試験を7月10日に実施。その他の試験区分については、6月26日に開催しています。

つまり、この時も「同時開催ではない方法」で試験は実施されているようです(ちなみに、一回の受験者数の半数近くは基本情報技術者試験です)。

平成23年特別試験の受験の申し込み方法

東日本大震災の際の特別試験については、以下の方法で申し込めるとの発表となっていました。

平成23年度特別情報処理技術者試験の場合

  • 既に申し込み済みの受験者は手続き不要。所定の手続きにより、試験地の変更も可能
  • 特別試験の受験を望まない場合、次回試験への受験割り振り受験手数料の返還もできる
  • 新規受験申込についても受け付ける

令和2年度春期情報処理技術者試験はどうなるか?

さて、ここからは完全に私個人の勝手な考察です。公式発表ではない内容ですので十分にご注意ください

令和2年度特別試験(?)の開催時期の予想

新型コロナウイルスについては、完全な素人判断です。専門家の意見ではありませんので、一般人の雑談程度の内容と考えてください。

まず、前回の状況を考えると最短で7月上旬頃ではないかと考えられます。ただし、発表時期が前回よりやや遅いことも考慮すると、かなり早くても7月中旬以降ではないでしょうか?

とはいえ、東日本大震災のように、発生後から徐々に収束していくタイプの災害とは違い、今も危険性が拡大中なのが新型コロナウイルス。3月24日時点で、世界的には1日の感染者数は増加傾向にあります。

日本においては、50人前後程度の感染者増加(治った人は考慮しない)が続いていますが、東京、大阪、兵庫の感染者数や、世間に油断が出てきている今の状況を考慮すると、日本国内においても、ここから拡大へとつながってしまう可能性が十分にあり得ます

つまり、現状ではいつ開催しそうかは、全く分かりません

ただ「秋期試験と同時開催というのだけはあり得ない」と考えています。そこまで延期した挙句同時開催するのであれば、本末転倒です。せめて一週間はずらすのではないでしょうか?

個人的な意見ですが、

  1. 今後3月24日以降に日本において感染拡大がない
  2. 熱くなってきてウイルス感染の勢い(?)が衰える

といった条件が重なれば、8月末辺りで開催はあり得るのでは?と考えていますが、正直あまり期待はしていません。最悪の場合、秋期試験も含めて、医療体制が整うまでは中止(例えば来年春期や来年秋期まで)というのもあり得ると考えて、気長に待とうと思います。

令和2年度特別試験(?)の発表時期の予想

発表の時期については、平成23年特別試験の場合、3カ月ほど前に行われました。

新型コロナウイルスの場合「刻一刻と状況が変化するので、3カ月の間に何があるかわからない」という条件はありますが、少なくとも受験者の申し込み期間も考慮すると、最短でも1カ月、恐らくは前回と同様に3カ月程前には告知するのではと考えています。

令和2年度特別試験(?)の受験方法の予想

まず、新型コロナウイルスが明確に収束しない限り、最低でも平成23年特別試験と同様に受験者を半々程度にわけて2回の日程で実施するのではと思います。

また、更に厳格な管理を求めるのであれば、可能な限り全ての日程を分ける形も想定しています。高度情報処理技術者試験などは「プロジェクトマネージャ試験の日」「データベーススペシャリストの日」といった具合です。

その上で、もしも新型コロナウイルスが猛威を振るっている内に試験を開催するのであれば、例えば以下のような対策を準備したうえで、受験開催に踏み切るのではないでしょうか。

想定される試験会場での対策例

  • 前後両隣を空席にする
  • 全試験会場の入り口にアルコール消毒設置。試験時間前後で入り口やテーブルの消毒
  • 受験者の体温をカメラで測定し、37.5度以上は受験拒否
  • 休憩時間中も私語禁止
  • 窓や扉を開放して換気

試験という他人と喋らないイベントではありますが、現状の自粛の状態や、感染者数が減っていない状況を考慮すると、開催するならこれらの対策のいくつかは必要だと思っています。

また、新型コロナ対策ための「受験料増額」もあり得ると考えています。この点については、前回返金措置を実施しているため、高額だから受験したくない人向けに返金するという対応でカバーする可能性もあります。

……と、色々考えてみましたが、結局は今後の社会情勢の変化やIPAの最終判断にゆだねるしかないというのが現実です。私のような一般人は、感染予防に気を付けつつ、自分にできることを淡々とこなすのみです。

追記(4/9):一部免除の延長と受験手数料の返還

4月9日13時の時点ですが、追加で試験の一部免除の期間の延長が発表されました。どの程度延長になるかは詳細発表前ですが、単純に考えれば試験が延期になった分だけ、一部免除も延長されるかと思います(秋も中止・延期なら1年延長かと)。

また、受験手数料については、全員に対する変換措置を実施する方針のようです(こっちも詳細は未定)。

今後、私のプロジェクトマネージャ試験の勉強はどうするか

最後に、参考までに私の学習方針。

プロジェクトマネージャ試験の勉強については、最低1回解く予定であった午後I問題が2問残っていますので、その問題だけは解いて、一旦終了したいと思います。

先の考察の通り、延期の場合は最低1カ月前には試験の通知が来ると思っています。私は月100時間くらい勉強していますので、それを全てプロジェクトマネージャ試験に注ぎ込めば、挽回できると考えています。

そんなわけで、プロジェクトマネージャ試験後の勉強を先取りし、今後は準備が整い次第Pythonの勉強に取り組む予定です。

また、プロジェクトマネージャ試験の後に予定していた工事担任者 AI・DD総合種」について、早めに試験の調査をして、学習計画を立てたいと思います。ちなみに、「工事担任者 」については、ちょうど本日延期の可能性を示唆する告知がありました。

これら二つのスキマ時間で、ちょっとビジネススキルを学習し直そうかと考えています。月額2,000円程度で学習できるオンラインサービスもあるみたいなので、この機会にちょっと勉強してみたいと思います。

追記(4/9):工事担任者試験も中止になりました

4/8の発表で、工事担任者試験も中止になっていました。申し込んでいる人は、そのまま11月22日に受験可能。受験しない人は、後日発表される手続きで受験料返還の対応があるようです。

私は11月22日受験の方向で、工事担任者試験用に確保しておいた勉強時間はPythonの学習に回そうと思います。