【応用情報技術者試験】よくある7つの失敗から考える、不合格対策

7月 30, 2020応用情報技術者試験

この記事では、「応用情報技術者試験で考えられる失敗とその対策」を中心に解説します。

狒々山
狒々山
・応用情報技術者試験で確実な合格を目指したい人
・勉強における注意点を確認しておきたい人

におすすめの記事です。
応用情報技術者試験の概要(2019年5月時点)

  • 試験日:
    4月第3日曜(春期)
    10月第3日曜(秋期)
  • 申込日:
    1月中旬~2月中旬頃(春期)
    7月中旬~8月中旬頃(秋期)
  • 合格発表:
    6月中旬頃(春期)
    12月中旬頃(秋期)
  • 試験時間:
    9:30~12:00(150分)
    13:00~15:30(150分)
  • 受験料: 5,700円(税込)
  • 合格基準:午前・午後共に60点以上(難易度により前後する可能性あり)
  • 受験資格:なし
  • 想定勉強時間:350~450時間(未経験から安全に合格を狙う場合)
  • 公式サイトはこちら

失敗例①:過去問をやらず、テキストを繰り返す

とくにIT関連学習の初心者、資格試験初心者にみられる傾向です。

テキストで勉強すること自体は必ずしも間違った方法とはいいませんが、「テキストを読んだ後に過去問を解いたが、理解できなかったのでもう一度読む」ということをすると泥沼化します

また、繰り返しテキストを読んでいると、次第に慣れてしまい「ただ読んでいるだけで、理解した気・勉強した気になっている」状態に陥りがちです。

正直、テキストは「参考資料」程度の使い方で問題ありません。心配でも「1回読んで、全体の出題内容をだいたい理解した」という程度になったら、学習のメインからはずし、辞書代わりに使いましょう。

対策

  • 過去問から勉強を始める。
  • どうしてもテキストからやりたい場合、テキストを進めながら、読み終えた分野の問題も解く。
  • テキストは1回読んだら、あとは理解が難しい分野を助けるための「参考資料」と割り切る(学習のメインにしない)。

失敗例②:テキストを複数やってしまう

テキスト1冊を読み「過去問が解けなかった!」という人が陥りがちの失敗です。

確かに、テキスト1冊では出題される問題を全てカバーできていないことはあります。

しかし「それは当たり前」です。

なぜなら「出題頻度の少ない問題」や「新しい分野の問題(AI、ブロックチェーンなど)」は、テキストがカバーしていない(できない・あえてしない)ことがあるからです。

しかし、その状況で「テキストが悪い!」と判断して、新しいテキストに手を出すと、高確率で泥沼化します

対策

  • テキストがカバーしていない問題は「カバー不要」と割り切る(それでも合格はできる)
  • 心配なら、過去問を解きながら、テキスト外の出題も追加で暗記する(余裕があれば)

失敗例③:午前対策に集中してしまう

上記失敗①、失敗②の「テキストやりすぎ!」の人も陥りやすいですが、「基本情報技術者試験と同じ感覚で勉強している人」も陥りやすい失敗です。

午前試験を通して基礎知識を固めることは重要で、午後試験対策の前に、ある程度進めておいた方が効果的です。

しかし、応用情報技術者試験は、午後試験が難関です。試験当日までの残り時間を把握し、確実に午後試験用の勉強時間を多めに確保しましょう。

対策

  • 午前試験の過去問で6割が取れるようになってきた時点で、午後試験の対策を開始する
  • テキストから勉強を始めたい人は、テキストを読む時間だけ多めに時間を確保する(午後対策用の時間を削らないよう、余裕をもった計画を立てる)
  • 午前試験での過去問で9割がとれるなら、残った時間は午後試験対策にまわす(午前は点が下がらないように注意すればOK)
  • スケジュールを作る段階で午後試験の勉強時間を多くとる
  • 超短期合格を目指す場合は、ほぼ全てを午後試験にまわすのもあり

狒々山
狒々山
わたしは「基本情報技術者試験」で午前のみ不合格の体験をした影響で、この失敗をしました。合格はできましたが、勉強時間は確実に増えました。

失敗例④:午前試験で点数が安定しない

単純に過去問演習不足です。

直近10回の過去問から最新2回を除く計8回で、9割の正解率で安定するようになれば、まず落ちることはありません。

ですので失敗例④の対策は、過去問演習。もし過去問の解説を理解できないのであれば、テキストを読みながら学習してみてください。

失敗例⑤:午後試験で点数が安定しない

出題科目を最低限に絞り込んで勉強している場合「苦手なテーマ」や「勉強不足のテーマ」に回答する必要性が高確率で出てきます。こうなれば当然、点数が大幅に下がる可能性があります。

例えば「システム監査」はその名の通り「システム監査」がテーマとなる可能性が非常に高い(約90%)ですが、極まれに「内部統制」や「個人情報保護」が出題されることもあります。

また、難易度も大きく上下するため、高難易度の問題を選択してしまうと点数が大幅に下がる可能性があります。公式の採点講評は、あくまで「受験者の正答率」を公表しているものであり、難易度ではありませんが、明確に「正答率が高い」「正答率が低い」といった傾向が発生することは確かです。

例えば8割以上「正答率が高い」となっているプログラミングでも、過去19回中1回は「正答率が低い」となっています。このタイミングで選択してしまうとかなり不利になるでしょう。

対策

  • 選択科目は2つ(少なくとも1つ)多く学習する
  • テーマ別の出題頻度も考え、できるだけ「出題されやすいテーマ」の苦手を潰す
  • 問題をざっと見て「難易度が高め」「苦手」な科目は選択しない

狒々山
狒々山
学習する科目数を増やして、合格率を安定さるのは、平均的な勉強時間が確保できる場合の方法です。超短期合格など、元から合格率の安定を狙っていない場合は最低限に絞り込むのもアリです。

失敗例⑥:勉強時間が上手く確保できなかった

ある意味、ここまで上げた全ての失敗は「勉強時間を大量に確保すること」ができれば、全て挽回可能です。

しかし、試験までに十分な勉強時間が確保できなければ、IT関連の学部に通っていようが、実務経験が十年あろうが、高確率で不合格になります(「十分な時間」は人それぞれですが)。

とくに社会人でIT関連学習が未経験の人は、多くの時間を少ない余暇から捻出する必要があるので、注意が必要です。

対策

  • 詳細な試験までのスケジュール(確保できる勉強時間)を前もって確認し、現実的なプランをたてる
  • 定期的に学習進捗状況を確認し、勉強計画との差を確認する。必要に応じてプランを見直す
  • スキマ時間は短時間でも勉強可能な午前試験対策。まとまった時間は長文読解が必要な午後試験対策にまわす
  • 同じ勉強時間であれば、直前に1~2ヶ月で一気に学習した方が忘れにくい

狒々山
狒々山
勉強時間が多くても不合格になるタイプには「半年前から勉強した」「何年も挑戦している」という人もいます。同じ勉強時間をかけるなら、直前の時期に一気に覚えた方が効果的ですので、可能であれば1~2ヶ月前にとくに集中して勉強しましょう。

失敗例⑦:「精神的に乗り気じゃない」と、どんな試験も合格は難しい

私は「応用情報技術者試験は、初心者でも400時間以上勉強すれば、合格可能な試験」だと考えています。効率さえよければ、300時間は十分に切れると思います。

しかし、中には「2000時間やったけど無理」という人もいるのも事実です。

このタイプで一番多いのは「精神的に乗り気じゃなかった」というもの。もっと酷いと「勉強が苦痛だった」ということもあります

簡単ではありませんが、モチベーションを上げることは、あらゆる物事で非常に大切です。とうぜん同じ勉強時間でも、集中力・吸収力に差が出ます。

ちなみに、私が行っているモチベーションの上げ方はおおむね以下のとおりです(状況によって使い分けます)。

モチベーションの上げ方(狒々山の場合)

  • 思い立ったらとりあえず勉強を開始し、心理的ハードルを下げる(ただし「毎日勉強」などの制約は設けない)
  • 好きな音楽・動画を垂れ流しながら勉強する
  • 自宅で勉強中はアロマを使う
  • 勉強に疲れたら外で運動(散歩も可)
  • できるだけ短期間で難易度の高い試験に挑戦し「俺ってスゲー!」という気分にする

「好きな音楽・動画」についていえば、はっきりいって集中力は下がります心理的なハードルを下げつつ「1日でアニメ24話分も勉強できた!」などの達成感を得るのが目的です。ついでに「このCDが終わるまでもうちょっと勉強…」などの効果も狙ってます。

モチベーションについて、一番まずい状況が「不合格の慢性化」です。モチベーションも下がるし、ストレスもたまるし、成功体験が積めないのは痛いところです。

こういう場合は、一旦ターゲットを変えて「簡単そうな試験を複数攻略し、徐々に目標を上げる」とか「いっそランクを上げて猛勉強の体勢に入る」などがおすすめです。

試験内容の違いによる影響もありますが「基本情報技術者試験に落ち続けていたが、応用情報技術者に挑戦したら合格できた」という人もいます。高度情報技術者試験は、難易度が跳ね上がる印象なので、あえておすすめはしませんが、別の試験などに挑戦して、一度リセットしてみるのもいいでしょう。