【基本情報技術者】エンジニアが選んだオススメの参考書

3月 23, 2019基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は業務経験を問わず受験可能であり、難易度もそれほど難しくはない試験です。

独学での受験者も多く、とくにIT関連に自信のある人なら、私も独学での受験をオススメします。

今回はそんな基本情報技術者試験に独学で挑戦する際におすすめの参考書を解説していきたいと思います。

基本情報技術者試験の特徴から、参考書を考える

基本情報技術者試験は、IT業界で働く人が身につけるべき基礎的な知識について、広範囲にわたって学習する必要のある試験です。

合格率は25%前後(CBT方式以降は合格率40~50%台)で推移しており、決して難しい試験ではありません。

試験は午前と午後にわかれるのが特徴であり、基本情報技術者試験に挑むのであれば、午前・午後それぞれの対策方法を考えた上で、参考書を選択する必要があります

より詳しい試験の情報については、以下の記事にまとめてありますので、気になる方はご確認いただければと思います。

参考書選びのポイント

まず、基本情報技術者試験に挑むにあたって必要な参考書は以下の2種類です。

  • 過去問
  • テキスト(必須ではない)

予想問題集なども存在しますが、過去問を繰り返し解いておけばあえて購入する必要はないです。

というのも、基本情報技術者試験には以下のような特徴があるからです。

  • 午前の試験は、完全な流用問題が半数。それ以外も類似の問題がでる
  • 午後の試験については流用の問題はないが、出題形式に慣れることが重要

まず、午前試験は過去問を解くだけで十分合格が可能です。

午後試験では、一部テキストなどの力を借りた方が無難な問題もあります(とくに未経験の場合の「アルゴリズム」や「ソフトウェア開発」)。ただ、午後試験でとくに重要なことは「基礎知識をつける」ことと「出題形式に慣れる」ことです。

午後試験で必要な「基礎知識」は、午前試験対策で過去問を解くことで多くのものがつけられます。また、「出題形式に慣れる」ことは午後試験の過去問を解くことで対策が可能です。

つまり、結局は過去問での勉強を中心に進めれば、合格を目指すことは可能です

実際に私が合格した際は、IT関連を学校で学んだこともあったため、ひたすら過去問を繰り返す以外の勉強は行いませんでした。

以上の理由から、私がおすすめする参考書の使い方は、以下のとおりです。

参考書の使い方

【IT関連は未経験の場合】

  1. テキストを一通り読んで、少しでも理解を深めてから過去問で学習
  2. 問題集でわからなかったところはテキストを読み直す

【IT関連の学習経験がある場合】

  1. 最初から過去問を使って学習する(間違えながら解説を読んで覚える)
  2. 必要に応じて、過去問の解説で理解できなかったところ、苦手分野をテキストで補強

勉強に自信がある人や、IT関連の学習経験がある人は、テキストは不要だと思います。ただ、2,000円もあれば購入できるテキスト代を節約して、合格率を下げるべきではないと思います。合格できる可能性が高い人も「お守り代わり」程度でいいので、型落ちした中古のテキストを1冊買っておくのもいいでしょう。

おすすめの参考書 ~午前試験対策~

午前試験については「過去問の流用・類似問題が多い」という傾向があるため、ネットで無料で利用できる「基本情報技術者過去問道場」だけでも、十分合格できます。

そのうえで、念のため理解が難しい問題について、試験の範囲で知識を深めたい」という人であれば、以下の参考書を購入することをオススメします。

キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者

メリット・デメリットは以下の通りです。

  • 解説が初心者向けでわかりやすい
  • イラストが豊富で、読むのが気軽
  • 漫画風で流れのある図で説明されているので、理解しやすい

  • イラストが多い文、ページ数の割に内容が薄い
  • 手書き風イラストが、人によってはゴチャゴチャして見にくい
  • イラストが多い分、本が分厚い(700ページ以上)

表紙に「わかりやすさに自信アリ!!」と書かれているだけあって、イラストが豊富でかなりわかりやすいです。「このテキストで理解できないなら、本で学習は無理では?」と思えるくらいのわかりやすさです。

ただ、わかりやすさと引き替えに、本が分厚くなっていることや、若干内容が薄くなっているように感じられるところが欠点。また、「イラストが邪魔」と感じる人には向かないでしょう。次に解説する『栢木先生の基本情報技術者教室』と、どちらを購入するか悩む人が多いかと思いますので、Amazonなどでページのサンプルを確認し、「読みやすい」と感じた方を選ぶといいです。

「IT関連は未経験の人」「気楽に勉強を始めたい人」におすすめのテキストです。

イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生の基本情報技術者教室

メリット・デメリットは以下の通りです。

  • わかりやすく、無駄が少ない内容
  • 「〇〇とくれば××」という方式で学習できるので、出題パターンが暗記できる

  • IT未経験では説明不足と感じられることがある

必要な内容がシンプルにまとまっているため、効率的に学習を進められます

とくに「○○とくれば××」という方式で学習が行えるので、「試験でどう問われるか?」「試験を攻略するにはどう判断すればいいか?」というパターンが身に付き、単純に試験範囲の知識をつけるよりも、効率的に合格を目指せます。

ただ、一度読んだだけで問題を解けるほどに丁寧な内容ではないかと思います(そもそも一度読んだだけで全て覚えるのは無理ですが…)。とくにIT関連の学習が未経験の場合、割愛されている説明などでつまずいてしまい、スムーズな学習を行うことは難しい人もいると思います。

「IT関連には少し自信がある人」「勉強には自信がある人」におすすめのテキストです。

ニュースペックテキスト 基本情報技術者試験

メリット・デメリットは以下の通りです。

  • なんとオールカラー!
  • 午後対策(ソフトウェア開発は表計算)まで入ったテキスト

  • イラストは少なめなので、気楽に勉強したい人には少し堅いかも

まず驚いたのが「オールカラー」というところ。序盤のみとか、4色とか、そのくらいかと思っていましたが、本当にオールカラー。それでいて他のテキストと大差ない価格設定です。

弱点としてはイラストが少なめのため(序盤以外は犬のイラストが登場する程度で、あとは基本的に図解のみ)、「気楽に勉強したい!」という人向きではありません。しかし、その点が「余計なものがない」というメリットにもなります

また、午後対策もしっかり考慮された設計になっているところもメリットです。ソフトウェア開発については、表計算対策となっているため、C言語やJavaを選択したい人には向きませんが、この1冊だけで、全ての試験範囲に対応することが可能です。

ちなみに、3章の途中までであれば、Amazonのkindleを使って無料で確認できますので(2022年1月13日時点)、気になる方は試し読みしてみるといいでしょう。

「わかりやすい説明さえあれば、後は勉強に集中したい」「余計なイラストは必要ない」「1冊で午前と午後両方を説明して欲しい」という人におすすめです。

おすすめの参考書 ~午後試験対策~

基本情報技術者 試験によくでる問題集【午後】

メリット・デメリットは以下の通りです。

  • 解説がかなり丁寧
  • 頻出問題が厳選されているので、学習効率が良い

  • イラストはなく、堅い雰囲気

午後の問題集(過去問)です。

「過去問だけなら、ネットでも十分学習可能では?」と思われるかもしれませんが、こちらの問題集には以下のようなメリットがあります

  • 解説がかなり丁寧(ネットの過去問には解説がないものもある)
  • 頻出問題を厳選しているので、学習効率が上がる(時短ができる)

弱点としては、解説が丁寧な代わりに、必要のないイラストは完全に省かれているため、「気楽に勉強したい!」という人にはあまり向かないところです。そのぶん、勉強に集中したい人には向いています。

ちなみに、表紙のデザインから、「基本情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集」でおなじみの「技術評論社」の問題集であることがわかりますが、午前対策の過去問題集に比べるとサイズは小さく、だいぶ持ち運びやすくなっています

情報処理教科書 出るとこだけ! 基本情報技術者[午後]

メリット・デメリットは以下の通りです。

  • 頻出範囲が出やすい順番で学習できる
  • 出やすい問題を意識して学習できるので、試験直前の追い込みに使える

  • 全ての範囲をくまなく学習できるわけではない

それぞれの分野の頻出問題をまとめた参考書は多いですが、こちらのテキストは「よく出るところから順に解説している」テキストというのが特徴です。

出やすい分野を重点的に学習できるため、単に効率的に学習できるだけではなく、試験直前になってからでも、学習の総仕上げとしての利用が可能です。

弱点は全ての範囲を学習できるわけではないところ。とくにソフトウェア開発(プログラミングや表計算)の問題については、別の参考書での学習が必要になるでしょう。

「試験直前で最後の仕上げをしたい」「試験直前だが、実力に自信がないので、頻出テーマに集中したい」という人におすすめのテキストです。

基本情報技術者 午後試験対策 (午後問題対策シリーズ)

メリット・デメリットは以下の通りです。

  • 必須科目である「情報セキュリティ」「アルゴリズム」に特化している

  • 内容は堅く、ページ数も多いため、気楽に勉強したい人は挫折するかも

IT人材育成で有名な「iTEC」のテキストです。私も応用情報技術者試験や情報セキュリティスペシャリスト試験でこちらのシリーズにお世話になりました。

特徴としては、必須科目の「情報セキュリティ」と「データ構造及びアルゴリズム」の詳細な解説があるところ。

大学でIT関連を学習した経験がある自分としては、この二つの分野を特別意識することはありませんでしたが、「情報セキュリティ」は文系でも得点しやすい分野であり、「アルゴリズム」は文系が苦手としやすい分野です。どちらも戦略を練って計画的に対応したい科目ではあります。

弱点は、内容が堅くページ数も多いこと。基本情報技術者試験より上を目指す人ならともかく「就職で有利そうだからなんとなく…」程度の意気込みでは、途中で挫折してしまう可能性があります

「情報セキュリティ」「アルゴリズム」以外の分野も充実しているので、午後試験全体の対策としても、利用価値の高いテキストといえます。

「アルゴリズム」対策の参考書

うかる!基本情報技術者 午後アルゴリズム編

メリット・デメリットは以下の通りです。

  • 基礎の基礎から解説が行われている
  • 会話形式で説明されているため、若干気楽に学習できる
  • 過去12年23回分の疑似言語問題に対する解説動画つき!(2022年版の時点)

  • 最初からある程度の知識がある人には無駄が多い

「自動販売機」「じゃんけん」など、プログラミングを学習した人であれば、一度は勉強したようなアルゴリズムの例から学習をはじめられるため、全くのプログラミング未経験でもアルゴリズムの学習を進めやすいのが特徴です。

また、説明の多くが会話形式で行われているため、淡々と解説文を読むタイプのテキストよりは理解しやすく、気楽に読み進めることが可能です。

更に、過去12年(23回分)の疑似言語問題に対する解説の動画もついているため(毎年増えている模様)、過去問題の演習でわからなかった部分についても、知識を深めることができます。

弱点は、未経験者よりの内容で作られているため、趣味や学校、職場などでプログラミング・アルゴリズムの学習をした人には無駄が多いところです。

「IT関連の学習未経験者で、アルゴリズムに自信がない人」「気楽にアルゴリズムを学習したい人」におすすめのテキストです。

基本情報技術者試験のアルゴリズム問題がちゃんと解ける本

メリット・デメリットは以下の通りです。

  • 解説が丁寧で初心者でも理解しやすい

  • シンプルな構成であるため、若干堅い印象
  • 内容が長く改定されていない(2022年1月13日時点)

こちらもアルゴリズムの学習初心者に向いているテキストです。

シンプルな構成であるため、若干堅い印象を受けるテキストですが、そのおかげで冗長性が低く、一つ前に紹介した「うかる!基本情報技術者 午後アルゴリズム編」よりも100ページ以上短くまとまっています

ただ、内容が2016年12月に発売された第2版から改定されていないため(2022年1月13日時点)、最新の問題に対する解説や、傾向については反映されていない状態になります。

「冗長性が少なく、理解しやすいテキストでアルゴリズムを学習したい」人におすすめのテキストです。

「ソフトウェア開発」対策の参考書

Java – スッキリわかるJava入門

こちらのテキストは基本情報技術者試験用のテキストではありません

ただ、こちらのテキストにかかれている内容を理解し、例題として出題されているJavaの問題を一通りとけるようになれば、ソフトウェア開発で出題されるJavaの問題を解くために必要な、知識は身に付きます

内容はかなりわかりやすく、会話形式で構成されています。私が大学で購入させられたJavaの教科書よりも頭に入りやすく、お世話になりました。

ちなみに、こちらのテキストを読んだだけでは、試験で出題されるプログラムを書ける程の実力は付かないかと思いますが、そもそも合格のためにそこまでの実力は全く必要ありません

C – スッキリわかるC言語入門

先に紹介した「スッキリわかるJava入門」と同じシリーズのテキストで、こちらもかなり分かりやすい内容です。

こちらも基本情報技術者試験用のテキストではありませんが、基本情報技術者試験レベルの知識をつけるには十分な内容となっています。C言語をこれから学習する予定で、基本情報技術者試験にC言語を選択したい人にはおすすめです。

アセンブラ – アセンブラプログラミング入門 CASL2

あまり知られていませんが、アセンブラの出題内容はC言語やJavaに比べて容易であることが多く、実は穴場です。

というのも、アセンブラの方が比較的処理がシンプルであり、結果的に問題内容もシンプルになりがちであることが理由としてあげられます。C言語やJavaと比較して、問題文についても短めです。そういった事情もあり、私の通っていた研究室の先生は「得意な言語がなければ、基本情報技術者試験はアセンブラがおすすめ」と毎回いっていました(私はC言語で受験しましたが)。

そんなアセンブラの中でも、こちらのテキストは初心者にもわかりやすく書かれているため、基本情報技術者試験の対策用として向いている一冊といえます。基本情報技術者試験用のテキストではありませんが、コンピュータの動作についても学習できるため、アセンブラ以外の試験対策にも利用することができるところも利点です。

表計算 – 基本情報技術者 表計算 とっておきの解法

表計算のテキストでは、「基本情報技術者 らくらく突破 表計算」と人気を二分しているテキストだと思いますが、マクロのわかりやすさを考えれば、私は「基本情報技術者 表計算 とっておきの解法」の方がおすすめです。マクロ以外についても、こちらのテキストの方がより初心者でも理解しやすい内容になっているかと思います。

また、PDF版のダウンロードが読者得点でついているため、外出中にスマホで学習することができるところも魅力です。

おすすめの過去問題集

基本情報技術者 パーフェクトラーニング過去問題集

メリット・デメリットは以下の通りです。

  • 全ての問題に解説がついている
  • 書き込みがしやすい

  • 移動中に利用するには大きい

定番の過去問題集です。

大きく、重いので持ち運びには不便ではありますが、私は通学中のスキマ時間を利用して、主に午前試験対策を、この問題集で行っていました。

過去問については、公式サイトでダウンロードできますし、過去問演習用のサイトも用意されていますので、本として購入することは必須ではありません。しかし、書き込みのしやすさの観点から、問題集は紙媒体にもメリットがあると考えています。書き込みによって、何度も正解している問題が一目でわかりますし、逆に間違いの多い問題を直前に集中して解くことも可能です。

また、ネットで公開されている過去問には解説のついていないものもありますので、やはり解説付きの過去問を購入することには価値があります。

学習方法を決める時から、勝負は始まっている

今回紹介した参考書を、全てマスターすれば、基本情報技術者試験に落ちることはまずないでしょう。

しかし、全ての参考書を利用することは非現実的ですし、逆に1冊のみで挑戦するというのもリスクが高い方法です。

全ての試験にいえることですが、「どうやって勉強するか?」を決める時点から、勝負は始まっています。自分の実力や残された時間などを考慮し、適切な参考書を選んで試験に挑んでいただければと思います。

また、独学だけでなく、スクールを利用するのももちろんアリです。とくにIT未経験の場合は、スクールの利用も選択肢の一つと考えていいでしょう。

スクールを利用する場合の注意点と、主なスクールの特徴については以下の記事にまとめましたので、興味がある方は参考にしていただければ幸いです。