【2019年】勉強時間、受験した資格、年間の行動のまとめ

コラム

2019年も本日で終わり。来年に向けて、自己分析の一環として、今年一年の自分の行動を振り返ってみようと思います

2019年の成果・課題まとめ

2019年の成果・課題まとめ

  • 資格取得は6種類(パッとしないものが中心…)
  • AWSは勉強中。ネットワークスペシャリストは来年再挑戦
  • 全身の痛みは意味不明。早く原因を特定したい
  • 勉強と仕事は合わせて月300時間前後まで上昇
  • 簡単なExcelのマクロ作成ができるようになった
  • 簡単なUWSCでの自動化ができるようになった
  • 休日の使い方が以前よりうまくなった

勉強時間について

まずは勉強時間。以下の通りです(集計はStudyplusを利用しています)。

2019年の前半を振り返ってみると、5月頃まではほぼ勉強をしていなかったということがわかります(4月もちょっとやってますが、まだStudyplusを使っていませんでした)。

5~6月頃は、月の勉強時間が24時間程度。今と比べるとかなりペースが遅かったことがわかりました。

2019年の後半になると徐々に学習量が増加し、10月から130時間前後で頭打ち。シフト勤務という性質上、年間を通して祝日などの影響をほぼ受けませんので(悪い意味でですが…)、今後もこのペースを維持していくことを目標にしたいと思います。

ちなみに、このサイトを立ち上げて、勉強を開始するまでは、2年ほど勉強をサボっていました。そんな状況が改善され、半年以上勉強が続いているのも、このサイトの運営とStudyplusを利用して「誰かに見られている」という感覚を味わっている影響が大きいと感じています。

受験した資格

受験した資格は以下の通りです。

  • ウェブデザイン技能検定2級(合格)
  • ドットコムマスターアドバンス ダブルスター(合格)
  • FP3級(合格)
  • ネットワークスペシャリスト試験(不合格)
  • 第三種冷凍機械責任者試験(発表待ち。自己採点では合格)
  • MOS Outlook(合格)
  • MOS PowerPoint(合格)

なんともパッとしない結果でした

一番重要なネットワークスペシャリスト試験が午後IIで1点差で不合格という結果に…。直前の台風で仕事が増えなければIPテレフォニーを捨てずに済んでいただけに残念(まさか午後IIで出るとは…)。とはいえ、ギリギリ合格というのもパッとしないので、来年余裕をもっての合格を目指したいと思います(といって自分を追い込んでおきます)。

また、年末に「AWS ソリューションアーキテクト アソシエイト」を受験する予定でしたが、これも完了せず。友人から20時間程度で合格できると言われたのですが、実際にやってみると100時間程度学習してもやや危ういという結果で、1月まで延期しています(ちなみに、自分にアドバイスして友人は不合格で、その後受験してない…)。

年間の行動概要

1年間の行動について、日記を流し読みして確認してみました。

1~2月 買ったり売ったり。勉強なし。

1~2月はまだ体調も良かったので、ランニングにも取り組むことができていたらしいです。

1月1日時点の体重は74.9kg。この後、最も少ないときで66kg程度、現在69kg程度なので、体重は落ちているけど、今は筋力も低下しているので健康的には1年間で悪化しているみたいです。

1月はほぼ勉強らしい勉強を行っておらず、メルカリとかラクマとかヤフオクとか、今まで利用したことのなかったものを使って、物を買ったり売ったりする方法を学んでいました

3月 勉強の再開を思い立つ

この頃から数年サボっていた勉強を再開しようと決意。同時に、このサイトの立ち上げを考えました。

サイト運営についてはかなり知識が乏しかったため、最初はあまり乗り気ではなかったのですが、3月も終わるころには1~2月に行っていたメルカリ・ラクマにも飽きてきて、むしろ勉強側にモチベーションが傾き始めました

4月 サイト運営開始。勉強も徐々に…

サイトの立ち上げと家の物の整理がメイン。勉強も少しずつ始めました。

1~3月頃に無意味に購入してしまった物が多く、かなり処分に手間取る。この時期の反動か、5月以降は極端に物を買わない生活に突入しました(教材除く)。

あまり本気ではなかったけど、ネットワークスペシャリストの勉強を最初に行ったのもこの時期。といっても、すぐにウェブデザイン技能検定2級の勉強に切り替えてしまいましたが…。

5月 いろいろ手を出して空回り

勉強、運動、サイト運営、投資と色々なことを頑張りつつ、空回りして成果がでない一カ月。しかも風邪を引いてだいぶ時間を失いました。

何年やっても答えの出ない日勤と夜勤のつなぎめでの体調管理で苦労していた記録が残ってます(つい昨日もこれで失敗しました)。

勉強は、LinuCのセミナーに参加したり、ProgateでPythonをちょっとやってみたり、色々なことを試してみましたが、それが「集中して取り組むこと」を妨げていると思い、6月以降は目の前の目標に集中するようになりました。ウェブデザイン技能検定2級を受験したのはこの月。無事合格しました。

日記を読み返してみると、この頃は自分に余裕があったからか、かなりしっかり毎月の自己分析ができています。2020年からは、またこの頃と同じ程度にしっかり自己分析をして、自分の行動に活かしたいと思います。

6月 仕事が猛烈に忙しい

6月12日に異様に仕事が重なり、終電を逃し、翌日の出社のために徒歩で帰宅し、足を壊す。これ以降、なぜか徐々に全身の調子が悪くなり、今では意味不明に全身を細かく痛みが走ります(勉強の集中力削がれるからなんとかしたい)。

この月の課題点としては「休憩を全然取れていないこと」でした。6月12日の仕事は終電逃すまで仕事して、その間トイレ1往復の休憩。休憩とらないと効率・集中力が下がることが分かっていながら、休憩とったら全て破綻するようなリアルタイムで対処が必要な仕事だったので致し方がないが…。

6月の日記は、読み直すと休憩が取れなかった環境にイライラすることが多いので、あまり深く読まないようにします。

7月 休日の集中力が低め

7月の日記を見ると、休日の集中力が低めになっていることが課題になっていました。理由は「投資を気にしすぎる」ということ。今となっては信じられないけど、5月以降、休日はほぼ毎日1時間以上は取られていたみたいです。そんなこともあり、この頃から「投資を意識しない生活」を心がけ、休日の集中力を高めるようにしました(できれば自動化したい…)。

ちなみに、6月に痛めた足の調子が悪いので、病院でレントゲンやMRIで診察してもらったのもこの時期。病院に行くたびに、その日だけ足の調子が良くなり、翌日から新しい悪い症状が出て始めるのはなんとかならないものか…。

8月 休日の行動パターンを見直す

8月の行動をまとめた記事を見ると、今の行動休日の行動パターン(12、15、18時に休憩をとる)はこの時期から調整を開始したようです。

実は、休日は時間を無駄にすることが多いという傾向がありました。変形労働制のため、3連休が多いのですが、どうしても3日連続で勉強に集中できない。そのため、3日目あたりでペースが乱れてしまう。これを改善するために、ギリギリ体力が持つような休憩の設計を行ったのが8月です。

ドットコムマスターを受験し合格したのも8月。

8月は想定外に自社の試験を受験させられることが判明し、途中で全体的にモチベーションが下がりましたが、なんとか下旬にはペースを回復させました(よく考えると、これもネットワークスペシャリスト試験の妨害要素だったか…)。

9月 8月の継続

かなり淡々と過ごした1カ月。ほぼ8月の継続です。

目だったことはありませんでしたが、地道に8月の状態から成長しており、それが10月までの勉強時間の上昇へとつながっている感じです(8月から10月以降で倍増近いです)。

受験したのはFP3級。台風で荒れ模様でしたが、試験会場到着と帰宅のタイミングは晴れ。傘を忘れたので助かりました。

10月 行動力が猛烈に上昇

ネットワークスペシャリストの受験もあり、勉強量が猛烈に上昇しました(ついでに自社の試験)。

台風19号の影響で、試験直前に20時間近く余計に消耗したのは痛かったですが(ほぼ眠らずに3日間仕事してました)、それでも勉強と仕事で300時間は行動が超えていました。

実は、行動力が上昇した原因はモチベーションのみならず、なぜか休日の日中帯に眠気を感じなくなったこと。これは理由がわからない。直前から荏胡麻油を毎日とるようになったけど…関連性は不明です。

また、資格試験の勉強とは別にExcel VBAの勉強を開始して、業務効率化を始めたのもこの時期。

11月 忙しくて記録が残ってない

忙しく動き回っていたのは覚えていますが、そのためか記録があまり残っていません。

勉強は第三種冷凍機械責任者試験に合格し、MOS OutlookとPowerPointの2科目に合格、その後AWSの対策を開始

かなりハイペースで行動していた11月でしたが、月末頃から風邪を引いて、ペースが落ち始めました

12月 精神面が著しく消耗

友人関係のトラブルから始まった12月は、かなり精神面が消耗した一カ月でした。11月上旬ごろの精神状態が遠い昔に感じられるくらいに精神状態が変わってしまったため、集中力もかなり低め。問題演習の速度に明確に影響が出ていました。

7月頃に診察してもらった足の問題も、半年近く経過して未だに良くならない(気づいたら全身の関節が悪くなってる)。12月上旬ごろ、もう一度病院に行ってみましたが、足の方については軽い(?)ヘルニアぽいという結論。残りは「若いから大丈夫でしょう」というなんとも頼りない状況。若くても大丈夫じゃない(というか、このまま若くなくなったらヤバイ)と思うので、今後は毎月通院して状態を見てもらおうと思います

1年を振り返って

「終わりよければすべてよし」と言いますが、なんか終わりがかなり悪い感じです。思い出してみると、1月1日も友人のお母さんが亡くなるという出来事から始まっているので、最初から最後まで良くない…

しかし、1年を振り返ってみると、何も成果が上がっていなかったと思った年でも色々成長があるものです。この記事ではその一部を記載していますが、あまり勉強とは関係のない分野でもちょっとずつ成果・成長は確認できているので、そういったものを再確認し、成果がでた理由・失敗した理由を分析して来年に活かすのもいいものです。

狒々山
狒々山
2020年がより実りのある一年になるよう期待しています。よいお年を!